100均の付箋は種類が豊富!大人が使えるダイソーの無地の付箋おすすめ3選をご紹介します。

小学生から社会人まで多くの人が利用する付箋。皆さんもご自宅やオフィス、学校に1つや2つ持っているのではないでしょうか?100均ではサイズも形も柄も様々な種類の付箋が多くあります。今回は、中高生や社会人の方も必見の持ち運びやすくて、使いやすいダイソーの付箋でおすすめな大人無地3選をご紹介したいと思います。

100均の付箋おすすめ大人無地①やさしいグリーン

重要な部分や目付箋を立たせたい時は、蛍光色の使いませんか?

逆に、普通のメモを書く時などに蛍光色の付箋だと、目が疲れますよね。

また、長文になった時などは文字が歪んでしまうんですよね。

そこでおすすめなのはこちらです。

目にやさしいグリーンふせん。

普通のタイプもありますが、私は罫線入りがおすすめです。

サイズは縦75㎜、横75㎜

仕事などで、長文のメモを書くと、どうしても歪んでしまうので、罫線入りのシンプルな付箋はありがたいです。

今どきなんで付箋に手書き?と思いましたか?

もちろん電話やLINEをした方が早いのですが、もし相手がお休みだった場合など、電話をすると迷惑だし、休みの日まで仕事のLINEがくると嫌な人もいますので、急を要さない場合は付箋でメモを残すのもいいと思います。



100均の付箋おすすめ大人無地②持ち運びやすい

こちらはダイソーの4色リングメモふせんです。

2種類の付箋を1つのリングでまとめています。可愛くて、持ち運びしやすいんです。

1ページ目は15㎜×55㎜サイズの付箋が5色入っています。

ピンクと黄色は濃いめで蛍光色に近いです。きみどりも濃いめですが蛍光まではいきません。オレンジと水色はやわらかい印象です。

ページの目印や一言メモなどに使いやすいサイズです。

2ページ目は75㎜×50㎜サイズのピンクの付箋です。

需要な部分に使います。



3ページ目は75㎜×50㎜サイズのオレンジの付箋です。

オレンジも少し色が強いので、強調したい部分に使います。

4ページ目は75㎜×50㎜サイズのきみどりの付箋です。

きみどりは濃いめですが、目が疲れる程ではないので、普通のメモ書きに使用します。

5ページ目は75㎜×50㎜サイズの水色の付箋です。

4色リング付箋のなかで、1番優しい色をしていると思います。こちらも普段のメモ書き等に使います。

いろいろな付箋を利用しましたが、ブック型も普通の付箋も、筆箱の中で途中から割れる物が多く、付箋専用のサイズの小さな箱を用意しましたが、それでも箱のなかで割れていました。

ですが、この4色リング付箋は普通に持ち歩いても1度も割れたことがありません!

持ち運びに1番適していると思います。



100均の付箋おすすめ大人無地③リングが進化

私が最初に見つけた4色リングふせんから更に新しい物が登場したんです。

それがこちらのメモふせん(4色、リング、長方形)

先ほどの4色リングふせんとは、またサイズや色が違っていて嬉しい。

私は、この表の透明な堅い表紙にクリップを挟んで収納してますよ!

この1冊でなんでも一緒に持ち運べます。

1ページ目は青、赤、きみどり、黄色の4色、12㎜×45㎜の矢印型の付箋が5つ(黄色が2つ)と45㎜×50㎜の黄色の付箋がひとつです。

こちらは全体的に淡いパステルカラーですね。

2ページ目は方眼のメモ用紙になっています。

これ、方眼メモもくっついていたので、付箋になっていると思ったのに、はがしてみると普通のメモ用紙でした。少し残念です。

でも、メモ用紙と付箋が一緒になっていて、とても便利です。これ一つで仕事がはかどりそう!

まだまだ、メモ用紙必要ですよ。

携帯電話のメモに入力すると、仕事中に携帯を見ていると勘違いされたり、データが消えて大惨事!という人もいますので、必要に応じてメモ用紙も使ってみて下さい。


まとめ

今回は100均のダイソーでおすすめの無地の付箋を商品を紹介しました。

おすすめした3選は、私が普段仕事で使っていて、使いやすくて、なくなるのが嫌で、思わず買いだめしている商品です。

柄物を使用する事もありますが、やはり仕事には無地が万能ですね。

もちろんこれ以外にもダイソーにはたくさんの付箋があります。

面白い付箋なんかもありますので、ぜひダイソーに足を運んで見て下さい。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク