100均のダイソーで新1年生に必要な物を揃えてみました!

4月は、入学の季節ですね。今頃から、入学説明会などがあり、学用品を買い揃えている方も多いのではないでしょうか?今回は、100均のダイソーで新1年生に必要な文房具などを100均で探してみました。

100均ダイソーで見つけた新1年生に必要な物①

必要の物の代表といえばランドセルカバー!

皆さんランドセルカバーってご存知ですか?雨の時に付けるものではなく、ランドセルの表側、フタのような部分に常につけるカバーの事です。今では、当たり前になってますよね。

ランドセルカバーは、汚れや劣化を防ぎ、6年間ランドセルを使用できるようにと付けるようになったそうです。

可愛い柄の物もあって、女の子が付けている事が多かったです。

ですが、1枚2000円~3000円と高額でした。私も値段を見てビックリしたのを覚えています。

なので、付けたい人だけが付けている様な感じでしたが、今は、場所によって1年生から付けるようにと学校側から指導がある所もあるそうです。

新入学でただでさえもお金がかかるのに、カバーに2000円も払いたくない。(笑)2000円で何年持つのか?

そこで100均で見つけたのがこちらです。

ダイソーの200円商品のランドセルカバー。なんとディズニープリンセスのお城が書かれていて、可愛い!

2000円の10分の1です。これなら、試しやすい!

サイズは縦47㎝、横27㎝でA4フラットファイル入るランドセル対応です。

なかはこんな感じです。



ランドセルのカラーに合わせて雰囲気も変わりそうですね。

下と上に通す場所があり、一番上がゴムになっています。

付け方もわかりやすく、写真付きで乗っていました。

これなら簡単に付けられそうですね。付け方の例で出ているように、ミッキーの柄もありましたよ。



実際に付けた感じがこうです。

ピッタリサイズで、小学生1年生でも簡単に取り付けられました。

ランドセルの素材によっては使用できない物もあるようなので、購入する際は、お子さんのランドセルのサイズと、素材を事前にご確認下さい。



100均ダイソーで見つけた新1年生に必要な物②

粘土ケースにもプリンセスが登場!

1年生の図工の授業は粘土を良く使うそうです。粘土は学校が同じ物を購入して配りますが、粘土ケースは個人で準備する所が多いですね。

だいたいが動物の描かれたケースだったのですが、今回100均で初めてプリンセスの粘土ケースを発見しました。

男の子用には、トイストーリーがありましたよ。定番の動物柄もありました。

大きさは縦11.1㎝、横21.1㎝、高さ5.3㎝です。材質はポリプロピレン。

中や側面、下は無地です。上のプリンセスはシールで貼られているので、濡らしたりすると破れてしまいそうですが、ケース自体がピンクなので、シールが剥がれてしまっても、可愛いですね。

みんなと同じケースだと間違えられたりするので、いいかもしれません。

学校によっては、キャラクター物が禁止の学校もあるようなので、心配な方は、学校側に確認してからの購入をおすすめします。



100均ダイソーで見つけた新1年生に必要な物③

最後に購入したのは筆です!

絵の具セットは学校で購入すると3000円程度掛かります。

絵の具セットの中身は、絵の具12色、パレット、水入れ、筆(2本)、スポンジ、小タオルくらいだったかな?一つのケースに入っていて、持ち運び安いです。

100均でも組み合わせ次第で、だいたいの物を揃える事ができます。

パレット、水入れ、筆、は文房具コーナーにありますし、スポンジや小タオルは専用の物は代用可能な商品がたくさんあります。

ただ、絵の具は12色もなかったので、別で購入した方がいいかもしれません。

兄弟のおさがりなどある方は、筆や絵の具の赤だけ!など、必要な物だけ買い足す事もできると思います。

今回は筆が、元々入っている物が丸筆だけで、長かったので、平筆と丸筆を購入しました。

これは、上の学年の子達からのアドバイスで、丸筆と平筆は両方あった方が良いとの事で、1回購入したら、3年間くらいは問題なく使用できるそうです。

中には、6年生まで使える子もいたそうですよ。素晴らしい。

必要に応じて100均を利用してみるのもいいかと思います。



まとめ

今回は100均で小学1年生に必要な物をご紹介しました。他にも鉛筆や、筆箱、赤白帽など、本当にいろいろな物がありました。

そろそろ本当に、着る物、持ち物100均ですべて揃う時代がきそうですね。

地域によって賃金の格差はありますが、100均は日本全国で100円なので、高いお金をかけなくても、全国の子供達が自分の好きな文房具などを使えるといいですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク